否定癖のある方必見…その否定、本当の本当に大丈夫ですか?

NO

とりあえず否定。なんの意見も根拠もないけど否定。
「いや…」から始められる対話ほど悲しい物はありません。
そんな否定癖を持つ人必見!
本当に考えて欲しい、相手の話や提案を否定する前に考えたいこと。

FacebookでシェアするTwitterでシェアする

否定してしまう時…
20101006_1097240
「は?何言ってんの?」とか
「違うよ」とか
「無理だよ」とか
「でもさ・・」とか
「いや俺は・・・思う」とか
言いたくなることもありましょう。でももうちょっと待って下さい。
本当にそれでいいのですか?
「否定」をすると、相手は不愉快になるものです。
それを簡単に受け入れることが出来る人は少ないもの、さらには議論が活性化されずより正確な判断にはつながりません。

その否定ちょっと待った!
2f1324ae76beba6665f70cc0d064b305_400
相手には、相手の思うところがあって、意見を述べているはず。
「なぜ、その話をしたのか?」「どうしてその考えに至ったのか?」その背景には、なにかしらの理由があるのでは?
それを一度はしっかり考えてみましょう。
そして否定をする前に問いかけてみましょう。
「どうして、そう思うの?」

それでも違うと思うなら。
20061019002741461
スマートな否定というものがあります。
まずは相手の考えを聞きながら、理解を深めます。
そして、それからなぜそれが違うと思うのかを説明する必要があります。
相手の論を曲げるのが否定、ならばそれだけの理由を相手に聞かせる事は否定する際の責任と言ってもいいでしょう。
そして、代案を出すのです。
そこで初めてその否定は意味を持つのだと言われます。

否定癖が付いちゃっているあなた!!
…そこを治す事でぜひとも気持ちいい否定、スマートな否定を覚えてみましょう!
やってみようと思ったらいいね or シェアを!

FacebookでシェアするTwitterでシェアする